岡山の整体なら「さくら整骨院」カラダの悩みを根本改善

妊娠は、時間経過と共に女性の身体に変化をもたらし

体重の増加や、ホルモンバランスの変化・重心や姿勢の変化などが原因で

腰痛や肩こりを始めとして、普段痛むことのないような恥骨や尾骨・鼠径部

などで強い症状が引き起こされることがあります

 

これらの痛みや症状を和らげたいと思い、妊娠中でも

整体を受けたいと考える人も少なくありません。

 

ただ、妊娠中に整体を受けることについて

不安を感じることも多いかと思います。

 

その為、ここでは、妊娠中に整体を受ける際の注意点を3つ紹介します。

 

 1. マタニティ整体の経験豊富な施術者を選ぶ   

 

妊娠中の身体は非常にデリケートであり

非常に繊細な技術が重要になってきますので、妊婦に対する知識的な理解はもちろん

女性の妊婦の方に対する理解をしめし、安全な施術方法を提供することができる施術者を選ぶことが大切です。

 

施術者を選ぶ際には、その経験や実績、および妊娠中の女性への配慮が行わるような雰囲気や人柄なのかを十分に見定めて選びましょう。

 

 

 2. 妊娠期間に合わせた施術を受ける

 

妊娠の進行に応じて、女性の体はさまざまな変化を経験します。

妊娠初期は特に慎重になる必要がありますが、中期から後期にかけては

成長と共にお腹の膨らみや重さが変化し

重心や姿勢の変化から日常的に身体の負担が増えてくるため

鼠径部や骨盤周囲の痛みや腰痛、むくみなどの症状が出やすくなってきます。

 

その為、施術を受ける際は、施術者に現在の妊娠週数や体調を正確に伝え

より安全な施術を受けられるようにしましょう。

 

 

3. 自分の体のサインに気づくこと

 

妊娠中は体や気持ちは非常に敏感になりやすい為

不安や心配なことがあれば、施術前や施術後だけでなく

施術中であっても、体調に変化があり心配になるようでしたら

その都度施術者に伝えていくようにしましょう。

 

専門家のアドバイスや意見もとても有用ではありますが

人の身体は、つまるところ「人それぞれ」になります。

 

それぞれに適した施術をしてくれるとは思いますが、自身の変化や

不快を伝える事も継続的な安心した施術を受ける為に重要なことではありますので

遠慮することなく、先生に不安を伝えてみて下さい。

 

 

 

 

岡山の整体なら「さくら整骨院」 PAGETOP