- 生理痛

生理痛

PMSとは?

生理の1~2週間前から生理が始まるまでに現れる症状のことで「月経前症候群(PMS)」と呼ばれています。

排卵後、生理後の黄体ホルモンの分泌量の急激な増減で、

  • 自律神経のバランスの乱れ
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 胃痛
  • イライラなどの精神的な不調を引き起こします

また、黄体ホルモンは、乳腺を発達させ、体温を上げ、体内の水分を引き出すなどの作用もある為

  • 乳房が痛くなったり(乳房痛)
  • だるさ
  • 集中力低下
  • 下半身のむくみ

なども起こりやすくなります。

生理(月経)前半

生理(月経)直前から前半まではプロスタグランジンという物質が急に増えます。
この物質は子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。
この量が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みが発生し

  • 腰痛
  • だるさ
  • 冷え症

などがひどくなります。

さらに胃腸の動きにも影響を与え

  • 吐き気
  • 下痢

といった胃腸障害お原因にもなります。

その他にも免疫やアレルギー、睡眠にも関連することが知られています。

また、生理痛のある女性では子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量が『生理痛のない女性より多い』ことも解っています。

生理(月経)後半

うっ血で骨盤を中心に血液の流れが悪くなり

  • 下腹部の鈍痛
  • 腰回りの重苦しい感覚
  • 冷え
  • むくみ

などを引き起こし、軽い生理痛なら、このうっ血をとることで改善できます。
半身浴で身体を温める、血行をよくする食事を心がけるなど、生活のなかで実践できることも沢山ありますので、なかなか改善がされない方は一度ご相談ください。


お気軽にご相談ください さくら整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒700-0023
岡山市北区駅前町2-6-25

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。
※駐車場代100円をキャッシュバック致します。

休診日

日曜・祝日

ご予約

当院は予約優先制となっております